バルビットはハーレーダビッドソンなど
   重いと言われるケーブルクラッチの操作力を
   軽減する電気式アシスト VAL-215Dを
   製造販売しています。
 
 
    お知らせ(2018.03.19)
  ・ポイントを1分50秒にまとめた動画を
   UPしました。ご参照下さい。 
     ⇒ YouTube動画へ
    ・VAL-215D MkⅡを手軽にお試し頂ける
          中古品の販売を始めました。
        ⇒ 中古品のページへ 
              
   

VAL-215Dの機能をそのままに
より小型化したVAL-215D MkⅡ を¥28,500 (税込)で発売しました。

 
 
 
        
  
 
 
  

  
 
VAL-215D MkⅡはVAL-215Dの軽快な操作感をそのままに小型化をはかり、片手サイズの小ささ(全長 170mm)と、¥28,500 の低価格を実現しました。 また、重量も従来の約3.0kgfから約2.4kgfに軽量化しています。
 
 

   

VAL-215D MkⅡ のアシスト効果は強力です(YouTube動画より抜粋)。

(VAL-215D MkⅡはVAL215Dと同等のアシスト力を発生します。)


 

 
    
 


 
    VAL-215D 電源OFFの場合
       (オリジナルクラッチ相当)
         ⇒ 最大レバー引き力 8.1kgf
 
 
 
 
 
 
  
  
            VAL-215D 電源ONの場合
         ⇒ 最大レバー引き力 3.9kgf
 
 
 
 
 
 
  
 
 
            レバー引き力の低減割合 ⇒ Δ52%(参考値)
 
  
    ※ レバー引き力 3.9kgfの意味は
         ⇒ 人によってはワンフィンガーで
       クラッチをコントロールできます‼


   VAL- 215D MkⅡ はオリジナルの自然な操作感を損ないません。

 

 
VAL-215D MkⅡは操作の重いデクラッチ時(①)のみアシストを行い(②)、保持状態およびエンゲージ時(③)には通電は切られアシストのない状態になるため、ケーブルクラッチのオリジナルの自然な操作感を全く損ないません(特許出願済)。


   簡単取付け

 

 
 
 
 
 
 
① 本体をバンド 2ヶ所で固定
② クラッチレバーとリリースカバーにケーブルを取付け
③ ケーブルアジャスターでミートポイントを調整し
④ 電源コードを接続します
 
                 ⇒ VAL-215D MkⅡ 取扱い説明書 
 
 
 
 
※ 作業内容は通常のクラッチケーブル交換とほとんど変わりませんが、クラッチケーブルの交換にはミッションオイルの抜き去りと充填、クラッチリリースカバーの脱着、必要によりパッキンの交換などの作業が必要になります。購入のお申込みは販売店かお近くのバイクショップを通してのご注文とさせていただきます。